キリスト教の家族葬儀をクリスチャンの親族で教会や斎場で行うには?

キリスト教家族葬儀をクリスチャンの親族で教会や斎場で行うには?

基督教告別式窓口センターの1日葬は、御食事の時を持ちます。
家庭葬は、通夜の祈りと追悼式を行います。
しっかりとした生花を飾って、家族や親戚と亡き人を想い出を分かち合います。

キリスト教葬儀での家族葬は、火葬の前に前夜式(お通夜)、告別式を行います。
しっかりとした生花祭壇を飾って、家族や親族などの近親者のみで葬儀を行うプランです。
(http://キリスト教葬儀.jp.net/費用/キリスト教葬儀_家族葬.html)

司祭はご家族と共に火葬場に移動します。
一般的な 葬送は会社の同僚や友朋をお招きします。
ベテランの公演者による音楽葬儀。

クリスチャンのお見送りでお説教をする宗教者のご相談のみでも対応します。
付近の葬儀会館に会員になっているけれども、司会者はベテランの神父にお願いしたいという喪主様に。
仏教のお坊さんへのお布施は金額が高い。

キリスト教の家族葬儀

日本の送葬は、非常に必要経費が高額のために有名です。
喪主は、追悼の全てを段取りし、料金を用意するという負担のかかる仕事があります。
電報機能は、機能性が良いので、役立ちます。

クリスチャン記念会の主な値段は、聖職者やピアノ奏者への感謝、場所利用料金、墓地ということになります。
葬儀社は、ご遺体の運送から斎場の用意、葬祭の予定まで全部行います。

キリスト者式場に葬礼を希望だが、寺門のはかに入れるのか?
ほねを埋葬し直したいが、費用が少ないやり方は?
キリスト教信仰者メモリアル礼拝電話対応では、おはかの紹介やお引っ越しもご協力させていただきます。