キリスト教の教会での葬儀を行う際の注意点やポイントとは?

キリスト教教会での葬儀を行う際の注意点やポイントとは?

華麗なお花の装飾を設けて、家族で故人を偲びます。
司祭はご遺族に寄り添い葬儀式場に移動します。
プロのバイオリニストによる賛美のお葬式。

日本の葬儀は仏式で執り行われるのが一般的でしたが、近年では仏式にこだわらない葬儀の形式を選択する方も増えてきました。
故人の信仰を尊重し、キリスト教を信仰していたのだから、最期もキリスト教式で見送りたいという想いから、キリスト教の葬儀をする方が増えてきています。(http://キリスト教葬儀.jp.net/)

一般的な葬礼は会社の仲間や馴染みの人を参列者に呼びます。
教会員の追悼で司会をする聖職者の派遣のみでも大丈夫です。

近くの互助会に申し入れているが、司会者は安心できる奉仕者にしていただきたいという方へ。
伝統宗教の僧侶への御礼は金額が多い。

キリスト教の教会での葬儀

私たちの国の葬りの儀式は、すごく代金が嵩むということで注意が必要。
喪主さまは、葬祭の全部を取り仕切り、 必要経費を受け持つというきつい労苦があります。

電報お知らせは、扱いやすさがとても良いから、簡便です。

教会員メモリアル礼拝の主な代金は、宗教者やオルガン奏者への御礼、礼拝堂活用費用、納骨堂などになります。
葬祭業者は、お体の運輸から式典会場の予約、弔いの手筈まですべて請け負います。